愛国者のための経済ブログ

丹羽春喜先生や小野盛司先生に学びました。経済を中心に論じて行きたいと思います。ヘリマネを財源ととするベーシックインカムによるデフレ脱却を目指しています。

アメリカの対日赤字削減要求は内需拡大の好機

 【ワシントン=塩原永久】米紙ウォールストリート・ジャーナル(電子版)は6日、トランプ米大統領貿易赤字の削減に向け、対日圧力の強化に意欲をみせていると伝えた。トランプ氏が同紙編集幹部への電話で、「日本の指導者との良い関係が終わる」との警告を発し、不均衡是正を求める姿勢を示したという。 

 

 同紙によると、トランプ氏が6日、編集幹部に電話した際、日本の指導者との関係が良好だと前置きした上で、「(赤字解消に)日本がどれだけ支払うべきなのかを伝えた瞬間、良い関係が終わる」と述べた。 

 

 編集幹部が記事で電話の内容を明らかにした。記事は、トランプ氏がメキシコやカナダ、欧州との貿易協議で一定の進展をみた現在、「手を焼く日本との貿易条件」の改善に目を向けていると指摘している。 

 

 米政権は7月、欧州連合(EU)と新たな貿易協議の開始で合意。今週に入り、北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉をめぐるカナダと詰めの協議を続けている。日本は今月下旬にも米国との新貿易協議の第2回会合を開く方向だが、米政権が市場開放に向けた対日圧力強化に舵を切るとの見方も浮上している。 

 

2018.9.7 09:10 

産経ニュース 

http://www.sankei.com/economy/news/180907/ecn1809070015-n1.html 

----------------------------------

(私の意見)

私は、トランプ大統領貿易赤字削減を要求する対日経済圧力を内需拡大の絶好のチャンスであると考えます。アメリカの貿易赤字を削減するためには日本がもっともっと内需拡大を行わなければならない事は明らかであります。

 

日本は財務省財政出動を妨害していたためになかなか出来ない状況が続いてきました。しかしアメリカからの対日貿易削減要求、そのためには大幅な内需拡大努力をする必要が出てきたのです。

 

状況が80年代のアメリカ政府の日本に対する対日赤字削減要求に似てきました。

 

この好機を利用して内需拡大を望む政治家達、文化人達は積極財政に向けてもっともっとすごき出すべきです。

 

日本の政治は良し悪しは別としてアメリカの大きな影響下にあります。これほど内需拡大を行う好機はありませんので是非ともうごきべきです。