愛国者のための経済ブログ

丹羽春喜先生に学びました。経済を中心に論じて行きたいと思います。ヘリマネを財源ととするベーシックインカムによるデフレ脱却を目指しています。

坂本龍馬に学ぶ財源確保

坂本龍馬に学ぶ財源確保

◆政府の財政問題
年明けから国会では来年度の予算案をめぐって与野党の激しい論戦が行われています。その論戦の中でも「財源」の問題や「税金」の問題は大きなテーマとなっています。
また、22日に衆参両院本会議で予定されている安倍首相の施政方針演説でも、来年4月の消費税の増税社会保障や復興再生のための財源確保や財政の健全化などの方針が盛り込まれる予定になっています。
そもそも、アベノミクスの「三本の矢」の成長戦略や「新三本の矢」の実現に向けてもその財源をどうするのかは大きな課題です。

◆財源確保策は増税だけではない
財源を確保する策は増税だけではありません。
経済学者の丹羽春喜氏は「第三の財政財源」に「政府貨幣の発行権を必要な金額ぶんだけ日銀に売却すればよい」ということを提唱しています。(『経済倶楽部講演録』2014.8参照)
昭和62年に成立した「通貨の単位および貨幣の発行に関する法律」では「政府貨幣」の発行権が無限大に国にあることが定められています。
これを日銀法第4条、第43条、第38条に基づいて日銀に売却するだけで、政府の負債を増やすことなく、成長のために必要な潤沢な財源を確保することが可能になるというのです。

◆「第三の財政財源」の着想は坂本龍馬
丹羽氏がこのような着想を得たのは、明治維新の時の維新政府の財源確保策を調べた時だといいます。
慶応3年の10月に、坂本龍馬の発案による「大政奉還」が成り、徳川幕府は瓦解しました。
しかし、その時には後の「明治政府」はまだ存在しておらず、新政府を立ち上げるにしても、何かをするにしても「財源をどうするのか」ということが大きな課題となりました。
「明治政府」のいきなりのピンチに、再び坂本龍馬が奔走します。
龍馬は当時、財政について最も学識のある福井藩士「三岡八郎」のちの「由利公正」を訪ねて福井へと向かいます。そこで二人が夜を徹して出した答えが「政府紙幣の発行」だったのです。

◆龍馬から木戸孝允へと引き継がれた「政府紙幣発行案」
龍馬は由利公正と話した約2週間後に京都で暗殺されます。
しかし、この「政府紙幣の発行」という着想は、龍馬から桂小五郎(のちの木戸孝允)に伝わっており、桂はこの提言が「実行可能な唯一の方策」だとして賛成、実行のための準備を始めていたのでした。
このようにして慶応4年から13年間発行された政府紙幣が「太政官札」です。
明治政府がまともに税金を徴取できるようになるのは明治6年の地租改正からだと言われています。
もちろん大規模な国債の発行もまだできない時期に、長州や薩摩の寄付や豪商からの寄付だけでは、あの鳥羽伏見の戦い、戊辰戦争を戦い抜き、近代国家の礎をつくるための数々の政策を実行することは不可能だったでしょう。
福井で坂本龍馬由利公正が導き出した中央政府の特権としての「政府紙幣の発行」という知恵が、日本の近代化を支えたと言っても過言ではありません。

◆日本の近代化を担った「政府紙幣」の発行
当時、明治政府の立ち上げから戊辰戦争終結する明治2年の夏までのわずか1年半で明治政府が使った財政支出額は、5,130万両といわれています。幕末における江戸幕府の平均歳出額は700万両ですので、その額がいかに莫大であったかがわかります。
このうち4,800万両が政府紙幣でまかなわれ、これは政府の負債にもなっておらず、「悪性インフレ」現象も起こらなかったというのですから驚きです。
太政官札」に関しては、全てが順調であったというわけではありません。
当時の国民が紙幣に慣れていなかったことや、まだ政府の信用が高くはなかったため、当初の流通は困難をきわめ、「太政官札100両を以て金貨40両に交換するほどであった」とも言われています。
しかし、様々な困難に直面しても、明治政府の人々は知恵と勇気でこれを切り抜け、大胆な近代化政策を行い、日本を欧米列強の植民地化から救ったのです。

増税しか策のない政治家は退陣を
幸福実現党はこれまで一貫して、安易な増税には反対してきました。
それは「増税しても税収は増えない」ということが大きな理由ですが、私はそもそも「財源が足りないから増税するしかない」という政府や役人の考え方には反対です。
もし増税するのであれば、増税で得た財源をどのようにして経済を成長させることに使い、日本のGDPを上げていくかという明確な説明が必要だと思いますが、アベノミクス「新三本の矢」ではそれが見えないのが現状です。
わが党はこれまで、東日本大震災に際しては「速やかに復興債を」と訴え、デフレ脱却のために「大胆な金融緩和を」とアベノミクスより以前から訴えてきました。
そして、今も「消費増税ありき」で進んでいる財政再建社会保障に対して、「まずは経済成長こそが大切」であると立党以来一貫して訴えています。
現在の日本で、龍馬が考えたような「政府紙幣」の発行は現実的ではないかもしれませんが、明確な成長戦略を立てて、そのための資金調達のために、丹羽氏の「政府貨幣」の発行権を日銀に売却する案や、メガバンク通貨の発行など考えられる手は打つべきです。
丹羽氏は私に「なぜ政府や国会議員は国民が本当に幸せになるための政策を打たないのか?」と質問されました。「経済学者はそのためであれば、様々な協力を惜しまないのに」と。
増税しか策のない政治家や役人にこれ以上任せていても新しい時代は開けません。国民は第二の龍馬の出現を待ち望んでいます。
http://hrp-newsfile.jp/2016/2592/
---------------------------------
(私の意見)
幸福実現党のサイトからの引用です。念のために言っておきますが私は幸福の科学の信者でもなんでもありません。

私は偉大な経済学者である丹羽春喜先生に教えを受けた者です。幸福実現党のサイトで丹羽先生を取り上げています。念のため言っておきますが、丹羽先生と幸福の科学とも一切関係ありません。

丹羽先生は残念ながら、昨年に亡くなられております。

丹羽先生は生前、「財源がないなら、お金を刷りなさい」と口癖のように仰っていました。私は丹羽先生の教えを実現するためにこのブログを書くなどをしています。

現在でも、「財源の調達には、お金を刷ればいい。」という方法を理解している人はほとんどいません。

「クニノシャッキンガー」という洗脳のためにロクな財政出動ができないでいます。