愛国者のための経済ブログ

丹羽春喜先生や小野盛司先生に学びました。経済を中心に論じて行きたいと思います。ヘリマネを財源ととするベーシックインカムによるデフレ脱却を目指しています。

ヘリマネを財源とするベーシックインカムの実現を!

私は、現在(2018年現在)の技術力でも仕事の多くの部分が実は人工知能やロボットで代替可能だと思っている。

 

中央銀行にお金を発行させて(日銀の国債保有)、それを財源とし国民全員に働かないで暮らしていけるだけのお金を配ってしまえば良いと思っている。例えば毎年国民一人当たり100万円づつ配ったとします。日本国民は127百万人ですから、127兆円を配る事になります。

 

これだけのお金を配ったら高インフレが起こると思う人もいるかもしれません。しかし、もはや膨大な国債残高の半分近くを日銀が保有してもインフレが起こらないどころか、デフレからすら脱却できない状況です。この程度で高インフレが起こるなど荒唐無稽な話です。

 

日本人には働かないで暮らしていけるだけのお金があっても働きたい人がいる事は事実です。私はその人達だけが働けば良いと思っています。

 

働かない人が増えれば労働力不足になり、まだ需要と供給の関係から賃金が上昇します。そうなると企業はコスト的な判断から積極的に人工知能やロボットを導入するようになります。

 

つまり働かない人が増えた方が日本社会のロボットや人工知能の活用が進むのです。私は労働というものは時間の無駄遣いだと思っています。人間は働くために生まれてきたのではありません。自分が本当にやりたい事のために使った方が人間らしいと思います。