愛国者のための経済ブログ

丹羽春喜先生に学びました。経済を中心に論じて行きたいと思います。ヘリマネを財源ととするベーシックインカムによるデフレ脱却を目指しています。

私は怠け者である

私は怠け者である。

 

ブログにしろ動画にしろ、毎日更新しつづけないとアクセス数、再生数は伸びないものである。しかし私は時々しか書けない。

 

それとツイッターとか、フェイスブックとかその他のSNSとリンクさせてブログに誘わないとなかなかアクセス数は伸びないのだが、せいぜいツイッターくらいとしかやっていない。

 

それと、昔は本を買って読む事が多かった。本を何時間でも集中して読む事が出来たのだが、ネットの時代になると見なければならない動画、読まなければならないブログが多過ぎて、とても本なんか買って集中して読んでいられない。動画は聞き流しだし、ブログは縦読みである。

 

またネットの時代というのは確かに情報が多面的で、選択肢が多いのでそれは良い事である。

しかしコミニュケーションギャップを感じる事も多い。例えば、韓国について政治の保守系ブログや動画を見ている人だと日本国民全員が嫌韓であると思ってしまうものである。しかし未だに韓流のドラマだか何だかに夢中になっている人がいることも事実である。

僕はある飲み屋である女の子と話をしたのだが、その子が「韓流が好きだ」と言ったのを聞いてビックリした。政治の保守系ブログや動画ばかり見ている私から見たら、当然ものすごく違和感を感じた。その子に韓国はものすごく酷い国である事を説明したのだがその子は、「政治には関心がない」と答えただけであった。もちろんこういう子は選挙の投票にも行かないだろうが、こういう子が一定数いる事も事実である。

 

また私のブログを読んでいる人なら当然感じる事であるが、私は価値観が大多数の人と違っている。左派の人とかけ離れているのは当然であるが、保守派の人ともかなり違っている。私のような一般社会の価値観とかけ離れた人間は発達障害適応障害を起こしやすい。というか、すでにそうなのかもしれない。