愛国者のための経済ブログ

丹羽春喜先生や小野盛司先生に学びました。経済を中心に論じて行きたいと思います。ヘリマネを財源ととするベーシックインカムによるデフレ脱却を目指しています。

中国の人口の真実の数字を推測する

今回は中国経済について考えてみたいと思います。その前に中国の人口の話からしてもいいと思います。

 

端的に言うと、中国から出てくる統計は全てが嘘だと断言しても良いです。ですからGDPが捏造なのは当然であり、国家のもっとも基礎資料である人口統計さえ捏造であると考えられます。

 

一応、公式に発表している中国の人口は2017年末の時点で、139008万人となります。そして男性が71137万人、女性が67871万人で、男性は女性よりも3266万人多くなっているそうです。

 

引用元

https://www.excite.co.jp/News/chn_soc/20180120/Recordchina_20180120012.html

 

しかし、真実の人口はもっと少ないと言う推定もあります。

 

米専門家は、中国政府が推測した2015年の出生率1.6人だったが、実際の出生率1.05人まで低下したとの見方を示した。また、中国政府が発表した2016年末時点の人口は138000万人について、実際の数字129000万人(推測値)を9000万人上回ったと指摘した。

 

引用元

https://www.mag2.com/p/money/233503

 

つい最近まで一人っ子政策をやっていた国が人口を少なく発表するというのも変な話ですが。

 

逆に中国の人口はもっと多いという説もあります。農村部では一人っ子政策に従わず、隠して第二子、第三子が生まれているという話もあります。

 

どちらが本当なのでしょうか?無責任な言い方ですが、私も真実は分かりません。でも分からないなりに推測してみましょう。

 

私は公式数字よりも少ないと推測します。根拠として、

1、今時、農村部でも労働力としての子供は必要ないので、隠してまで第二子、第三子を設けるメリットはない。

2、東アジア圏では出生率が低い(韓国、台湾、香港、マカオシンガポール)、国々と近い文化圏なので中国も出生率が低くなっていると思われる。

https://www.globalnote.jp/post-3758.html

3、中国は女子は出産は嫌われ間引きや中絶が行われやすい。そのため、男女比に歪みがあるため、婚姻率が下がっていると思われる。

 

従って、中国はかなりの少子高齢化が進んでいるものと推測される。そして中国は年金制度や健康保険制度などの社会福祉がほとんど無いに等しい。ですからこの点について相当な矛盾を抱えているものと推測される。

 

しかし誤解してもらっては困りますが、中国は様々な内部矛盾を抱えようとも独裁政権で反乱や暴動が起きれば機関銃で弾圧すれば良いだけである。だから簡単には崩壊しないのである。