愛国者のための経済ブログ

丹羽春喜先生や小野盛司先生に学びました。経済を中心に論じて行きたいと思います。ヘリマネを財源ととするベーシックインカムによるデフレ脱却を目指しています。

対外純資産世界一という馬鹿げた話

日本の企業や個人が海外に持っている資産から外国企業が持つ日本の資産などを差し引いた対外純資産は328兆円余りで、前の年より2%減りましたが27年連続で世界一になりました。 

 

対外純資産は、日本の政府や企業、個人が海外に持っている会社や工場、証券などの資産額から外国企業が日本に持っている資産などを差し引いたものです。 

 

財務省によりますと、日本が海外に持っている資産額は去年12月末の時点で1012兆4310億円で、前の年より2.7%増えました。 

 

一方、海外の企業などが日本に持っている資産などの額は、日本企業の株価が上昇したり債券への投資を増やしたりしたため683兆9840億円で、前の年より5.2%増加しました。 

 

この結果、対外純資産は328兆4470億円となり、前の年より2.3%減って3年連続で減少しました。 

 

ただ、日本の対外純資産は、27年連続で世界一になっています。 

 

財務省によりますと、2位はドイツの261兆円余り、3位は中国がおよそ205兆円で続き、アメリカは逆に、世界最大のおよそ886兆円の対外純債務を抱えています。 

525 1020 

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180525/k10011451821000.html

------------------------------------

(私の意見)

このニュースを見ると一見良い事の様に勘違いしてしまう人が多いと思います。しかしこれは日本が内需拡大を怠ってきて、海外に対して財やサービスを供給して対価として他国が刷ったそのお金が積み上がった結果なのです。つまり日本が海外に対してただ働らきをしてきた金が積み上がっただけなのです。

 

逆に世界最大の債務国であるアメリカが世界の覇権を握っています。他国から財やサービスを受け入れて、自国で刷ったドルを払っているだけなのです。そのお金で世界最強の軍事力を整備しているからに他ならないからなのです。

 

日本はもっともっとお金を刷って、それを財源に内需拡大を行わなければなりません。出来れば日本国民全員に100万円くらい配って好きに遣わせる事が良いのです。そうすれば死に金が、生き金になります。