愛国者のための経済ブログ

丹羽春喜先生や小野盛司先生に学びました。経済を中心に論じて行きたいと思います。ヘリマネを財源ととするベーシックインカムによるデフレ脱却を目指しています。

もはや財政再建は完全に成功している

 安倍政権が税収と歳出が見合う財政の黒字化を2027年度に2年、先送りし、しかも、借金が膨らんで見えないような試算を行っていることがANNの取材で分かりました。

 内閣府はこれまで財政が黒字化する前提として、将来の経済成長率を名目で3.9%、金利を4.3%に設定して試算してきました。しかし、来週に公表される予定の新たな試算では成長率を0.4ポイント下げた一方で、金利は1.1ポイントも引き下げていて、借金が膨らんで見えないよう数字を設定していることが分かりました。財務省関係者は「通常、成長率と金利は連動するが、金利だけ大きく下げすぎている」と懸念を示しています。
 SMBC日興証券シニア財政アナリスト・宮前耕也氏:「成長(率)下げる以上に金利の下げ幅が大きいので、債務残高GDP国内総生産)比を悪化させないようにするためのつじつま合わせのような側面がある。非常に違和感がある」
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20180119-00000019-ann-bus_all
—————————————————————————————————-
(私の意見)
現在の長期金利は0%である。日銀が長期金利0%で国債を買う政策を行なっているからである。もはやこの政策はよっぽど景気が良くならない限りは変えられない状態である。

つまり長期金利4.3%どころか、引き下げた数字である3.2%でさえ、よっぽど景気が良くなってデフレを脱却しない限り、あり得ない数字なのである。

ですから長期金利0%が続く事を前提として、試算しても良いくらいである。

つまりもはや財政再建は完全に成功しているのである。

問題はマスゴミが財政危機だと嘘を吹聴して、それに洗脳されている国会議員や国民が問題なのである。