愛国者のための経済ブログ

丹羽春喜先生や小野盛司先生に学びました。経済を中心に論じて行きたいと思います。ヘリマネを財源ととするベーシックインカムによるデフレ脱却を目指しています。

お金は遣えば遣うほど増える

個人の単位ではお金は遣えばなくなります。これは皆さん当然に理解している事だと思います。

しかし、社会全体の単位ではお金は遣えば遣うほど増えるのです。

Aさんが1万円のお金を遣ってBさんから何かを購入したとします。すると、売ってくれたBさんの1万円の所得になります。次にBさんがCさんから1万円の何かを購入したとします。すると、Cさんの1万円の所得になります。

これの繰り返しで、1万円のお金を社会の構成員全員が得た1分後にお金を遣ったとします。すると10分後には社会全体の所得は10万円も増えるのです。(ただし税金というものを全く考えない事を前提とします。)

いずれにしても、お金は遣えば遣うほど増えるのです。これを考えれば個人がお金を貯蓄する事は、社会の害悪である事が分かると思います。

これを理解していない人があまりにも多過ぎるのです。防衛力を強化するなら、一番最強の戦闘機でもイージス艦でも買ってあげて、軍需産業にたくさんお金を払ってあげればいいのです。そうすれば、その軍需産業の売り上げとなり、そこに勤める社員の給与となるのです。コストパフォーマンスなど考える必要はないのです。

節約する事が正義だと思ってしまう馬鹿が多過ぎます。金は天下の回り持ちと言います。