読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛国者のための経済ブログ

経済を中心に論じて行きたいと思います。ヘリマネを財源ととするベーシックインカムによるデフレ脱却を目指しています。

まだまだ根深くデフレが続いている

食料品などの値上げが相次いでいる中で、セブン-イレブンやイオンなど流通各社が次々と値下げを発表しています。何が起きているのでしょうか。

 コンビニ最大手のセブン-イレブン。19日から洗剤や歯磨き粉など、日用品61品目を値下げします。歯ブラシは30円引き、綿棒は64円引き、平均で5%の値下げです。

 大手メーカーの商品の値下げは実に8年ぶり。その狙いは・・・

 「スーパーやドラッグストアを筆頭にした世の中の(安い)小売価格に近づいている」(セブン&アイ・HD広報 戸田雄希さん)

 背景にあるのは消費者の節約志向の高まりです。家庭の出費は12か月連続でマイナスです。

 「安いところを見つけたら、そこで買う」(買い物客)

 消費低迷の長期化にスーパー最大手のトップは・・・
 「脱デフレは大いなるイリュージョン(幻想)だった」 (イオン 岡田元也 社長)

 イオンの岡田社長は、政府の掲げた「デフレ脱却」は幻想だったと指摘。増税やメーカーの値上げで業績が悪化したというのです。

 「当時の政府やマスコミもあったかもしれないが、いわゆる“値上げどう喝”ですね。これに屈したと思います」(イオン 岡田元也 社長)

 今週から値下げする商品を新たに最大254品目、拡大しました。4月から大手メーカーが値上げする食用油は、イオンのプライベート商品では65円の値下げです。来月は電気料金やティッシュなどの値上げを控える中、流通各社はさらなる値下げに踏み切れるでしょうか。

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20170419-00000054-jnn-bus_all

全国 平成29年(2017年)2月分 前年同月比
総合:0.3%  生鮮食品を除く総合:0.2%  生鮮食品及びエネルギーを除く総合:0.1%

 

(私の意見)
日銀は既に1100兆円あると言われている国債の40%を購入しています。これだけ金融緩和をやってもデフレから脱却できない状況です。これは日本の供給力・生産力が強すぎるからという問題があります。もっと大規模な減税や歳出の増加政策を行って需要を増やす必要があります。しかし国会議員達は国債の発行を増やす事を躊躇してしまうのです。そのためになかなかデフレから脱却できないのです。もはや中央銀行が発行したお金を直接国民全員の銀行口座に振り込んでしまうような大胆な政策が必要な時期に来ているのですが、なかなか人々の発想が追いつけていません。