読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛国者のための経済ブログ

経済を中心に論じて行きたいと思います。ヘリマネを財源ととするベーシックインカムによるデフレ脱却を目指しています。

「勤労の義務」廃止論

私は、いわゆる国民の「勤労の義務」は廃止すべきであると考えている。

まず「勤労の義務」というのはその起源はスターリン憲法から来ているようである。これについては八木秀次先生が解説しているので参照下さい。
http://www.sankei.com/life/news/140104/lif1401040018-n1.html

そして、これからの時代は技術進歩によって人口知能やロボットがどんどんと人間から労働を奪っていく事が確実になります。日本で最高権威のある民間シンクタンクである野村総研によれば、10年から20年後には現在の労働の約半分は人口知能やロボットで代替可能と予測しています。
https://www.nri.com/jp/news/2015/151202_1.aspx

情けない事に自民党や日本第一党の憲法改正草案にも「勤労の義務」というのが出てくるのです。保守派の人まで知らず知らずに共産主義者に洗脳されているという事なんです。

以前にも言いましたが、一生遊んで暮らせる不労所得や資産を持つ者が労働をしてしまうと、貧しい者の生活の糧を奪い、労働供給量の増加によって、
労働供給量の増加→賃金の低下→購買力の低下→消費の低下→GDPの低下
というプロセスで経済を悪化させる事になるのです。むしろ労働なんてしないで余暇を満喫して貰った方がいいのです。

また私は、ヘリマネを財源とするベーシックインカム論を提唱しています。ベーシックインカムは労働しないで無条件に金銭を給付する事を認める制度です。「勤労の義務」というものがあるとベーシックインカムを推進する上でも障害となるのです。