愛国者のための経済ブログ

丹羽春喜先生や小野盛司先生に学びました。経済を中心に論じて行きたいと思います。ヘリマネを財源ととするベーシックインカムによるデフレ脱却を目指しています。

貨幣発行が財源調達としてもっとも有利な方法

前回の話の続きをします。

例えば、あなたが封建領主だったとします。領民を支配していたとします。あなたは贅沢をしたくなりました。

その財源はどのように調達しますか。3つの方法があります。
①租税を徴収する。
国債を発行する。
③貨幣を発行する。

これまでの私のブログを読んでいただだいた方ならば、分かると思いますが、「③貨幣を発行する」がもっとも賢明な方法だと思います。

「①租税を徴収する」は権力者とはいえ、領民から奪い取ってくるわけですから、領民に嫌われますし、賢明な方法とはいえません。そんな事をやっているとルイ16世みたいにギロチンにかけられます。

「②国債を発行する」は国債を買ってもらうために買ってくれる商人とかに頭を下げたりしなくてはならなくなり、自分の権威や権力が脅かされる事になりますのでやはりあまり賢明な方法とはいえません。

「③貨幣を発行する」なら、領民から財やサービスを奪うのではなく、購入するわけですから、自分が顧客になるわけですから領民には喜んでもらえますし、もっとも賢明な方法だと言えると思います。

以前のブログで徳川綱吉徳川家斉を取り上げました。彼らは、貨幣改鋳という方法で、貨幣を発行して、江戸の町人からから財やサービスを購入したのです。そうしたら、江戸の町人達は好景気になって繁栄を極めたのです。

デフレ、つまり供給力が需要を上回る場合には、権力者が無駄遣いをした方が、景気が良くなって、庶民は潤うのです。

一方で、現代の政治家や役人達は財源が足りなくなると、すぐに消費税の増税とか租税によって調達することばかり考えます。あまりにも愚かと言わざるを得ません。

貨幣の発行という方法を忘れているようです。貨幣の発行という方法に政治家達が気がつけば、財源不足という事で停滞している様々な問題が解決するのです。