愛国者のための経済ブログ

丹羽春喜先生や小野盛司先生に学びました。経済を中心に論じて行きたいと思います。ヘリマネを財源ととするベーシックインカムによるデフレ脱却を目指しています。

トランプ大統領の今後の展望

トランプが勝利しました。

トランプが過激な発言ばかりしていたという事で大統領として不安があるようです。しかし、選挙期間中というのは票を取らなければならないので誰しも過激な発言をする「活動家」になるものです。あるいはメディアのほとんどは反トランプですから過激な発言をしているところばかり報道していたのかもしれません。大統領に就任したら、おとなしい「実務家」になります。その点は心配する必要はありません。

トランプの経済政策については、減税等の積極財政を行うと言っていましたのでその傾向が強まるとは思います。しかし、今回の選挙では上院も下院も共和党が過半数を占めましたが、共和党は基本的に積極財政に反対の議員が多いです。日本と同様に財政再建教の信者が結構多いのです。ですから、トランプがどこまで積極財政を行うのには、かなり妨害を受けながらになると思います。ですからそれほど大規模な積極財政は難しいと思います。

これは半分冗談ですが、トランプはアメリカとメキシコの国境に大規模な壁を作ると言っていました。それを作るにはかなりの費用がかかるようです。選挙ではメキシコに出させると言っていましたが、これを作る事で景気対策を図るかもしれません。また、国境警備員で雇用を増やすという手で景気対策を図るかもしれません。

トランプは沖縄の防衛から手を引くような事を言っていたようですが、これはないと思います。アメリカは景気対策としても予算を増やすには軍事上の理由とか名目が必要ですから、軍事費という名目でを増やさなければならない状況ですから、その点からもそう簡単に手を引く事はないでしょう。